内科・小児科・胃腸肛門科・リハビリテーション科 京都市右京区西大路四条上ル西院東淳和院町4

 
 

四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
予防接種を希望される方へ

ジフテリアとは

ジフテリア菌の飛まつ感染(ウィルスや菌がせきやくしゃみなでで空気中に飛び出していって人に感染すること)で起こります。

1964年にDTPワクチンが導入され、現在では患者発生数は年間10名未満ですが、ジフテリアは感染しても10%程度の人が症状が出るだけで、残りの人は知らない間に免疫だけができるような感染のため、保菌者となり、その人を通じて感染することがよく知られています。

感染は主に咽頭ですが、鼻にも感染します。症状は熱、のどの痛み、犬の遠吠えのような咳、嘔吐(おうと)などで、偽膜を形成して窒息死することもある病気です。発病2~3週間後には、菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺を起こすことがありますので、注意が必要です。

最近ではロシアで流行がありました。予防接種を続けていかないと、再び流行する可能性があります。

百日せきとは

百日せき菌の飛まつ感染でおこります。

1956年から百日せきワクチンの接種がはじまって以来、患者数は減少してきています。当時は菌体の入ったワクチンでしたが、現時では副反応の少ない新型の精製ワクチンを使っています。

百日せきは普通のカゼのような症状ではじまります。続いてせきがひどくなり、顔をまっ赤にして連続的にせき込むようになります。せきのあとに急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。熱は出ません。乳幼児はせきで呼吸ができず、チアノーゼやけいれんがおきることがあります。肺炎や脳症などの重い合併症をおこします。乳児では命を落とすこともあります。

1970年代後半に予防接種率が低下した際、百日せき患者が多数出て、113名の死者を出しました。このようなことを繰り返さないためにもぜひ予防接種を受けましょう。

破傷風とは

破傷風菌は人から人へと感染するのではなく、土の中にひそんでいます。

人への感染経路は傷口です。傷口から菌が入り体の中で増えますと、菌の出す毒素のために口が開かなくなったり、けいれんを起こしたり、死亡することもあります。

患者の半数は、自分では気がつかない程度の軽い傷が原因です。この病気は人にうつるのではなく土の中にいる菌が原因ですが、日本中どこでも菌はいますので、感染する機会はあります。

また、お母さんが免疫を持っていれば新生児の破傷風も防げますので、ぜひ予防接種を受けておきましょう。

ポリオとは

ポリオウイルスによって感染するVPDです。このウイルスにかかっても、多くの場合は症状が出ないか、出てもかぜのような症状だけです。しかし約1,000~2,000人に1人は手足にまひが出るとされています。

日本でもかつて大流行したことがあります。その時は母親たちがマスコミとともにポリオ撲滅の大活動を行いました。その結果、当時の厚生大臣はソ連やカナダから使用し始めたばかりのポリオの生ワクチンを緊急輸入して、テストもしないで子どもたちに投与しました。するとまたたく間に流行がおさまりました。

世界ではポリオウイルスは激減しています。しかし南アジアやアフリカなどのごく一部の地域では現在でも流行しています。なかなか根絶できないどころか、ワクチンを飲まなくなった地域で流行がおこっています。欧米でも、宗教上の理由でワクチンを拒否する人たちの子どもの間で流行したことがあります。日本では、約30年前から野生株による患者は出ていませんが、世界との交流が盛んな現在ではワクチンの接種を長い間中止すれば必ず流行がおこると考えられています。

四種混合(DPT-IPV)ワクチン(不活化ワクチンとトキソイドの混合)

1期として初回接種3回、その後12月~18月たって追加接種を1回行います。また2期として11~12歳時(6年生)に二種混合(DT)ワクチンで追加免疫をします。回数が多いので、接種もれに注意しましょう。

確実な免疫をつくるには、決められたとおりに受けることが大切ですが、万一間隔があいてしまった場合でも、はじめからやり直すことはせず、規定の回数を超えないように接種します。かかりつけの医師に相談しましょう。

副反応

1981年に百日せきワクチンが改良されて新しい精製不活化ワクチンに変わって以来、副反応の少ない安全なワクチンになっています。

現在の副反応は注射部位の発赤、腫れ、硬結(しこり)などの局所反応が主です。頻度は程度の差はありますが、初回接種1回目のあと、100人中20人近い人に、3回目のあとでは100人中40人~50人くらいの人にみられます。

多いように思えますが、これは免疫がついているから起こる現象です。

直径5cmを超える目立った局所反応の出現率はすべてを通じて100人中1~2人です。なお硬結(しこり)は少しずつ小さくなりますが、数ヶ月残ることがあります。特に過敏な子で肘をこえて上腕全体が腫れた例が少数ありますが、これも湿布などで軽快しています。

通常高熱は出ませんが、24時間以内に37.5℃以上になった人が3~4%あります。以上のように重篤な反応はありませんが、機嫌が悪くなったり、腫れが目立つときなどは医師に連絡してご相談ください。

接種後の注意

  1. 予防接種を受けた後、30分以内に急な副反応が起こることがありますので、お子さんの様子を観察しましょう。
  2. 24時間は副反応の出現に注意しましょう。
  3. 注射部位の腫れ、高熱、嘔吐(おうと)、ひきつけ、その他変わったことがあるときは、速やかに医師の診察を受け、医師の指導があればその旨、保険所に連絡してください。
  4. 入浴は差支えありませんが、わざと注射した部位をこすることはやめましょう。
  5. 接種当日はいつも通りの生活でいいですが、激しい運動はさけてください。
  6. 異なった予防接種を受けられる場合は、1週間以上の間隔をあけてください。

「予防接種のご案内ページ」はこちら

ページトップへ