内科・小児科・胃腸肛門科・リハビリテーション科 京都市右京区西大路四条上ル西院東淳和院町4

 
 

スギ花粉症(アレルゲン免疫療法)

スギ花粉症とは

花粉症とは、植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒みなどの辛いアレルギー症状をおこす病気です。スギ花粉症は、スギの花粉が原因(アレルゲン)となっておこるアレルギー疾患です。

アンケート調査の結果、日本人の26.5%の人がスギ花粉症であることがわかりました。
さらにスギ花粉症の辛い症状は、日常生活のさまざまな場面で影響を及ぼすことがわかっています。
(イライラ感・思考力の低下・外出の支障・疲労・睡眠障害)

スギ花粉症の診断

スギ花粉症は、問診と皮膚テストや血清抗体検査などの検査結果から総合的に診断します。

スギ花粉症の治療

スギ花粉症の治療は、スギ花粉を避けることが基本になりますが、必要に応じて薬物療法やアレルゲン免疫療法、手術療法などを行います。当院では、その中でも根本的な体質改善が期待でき、痛みがなく自宅で服用できる舌下免疫療法をおこなっています。

スギ花粉症の舌下免疫療法

スギ花粉症の舌下免疫療法は、スギ花粉症と確定診断された12歳以上の患者さんが治療をうけることができます

  • 服用期間の例
    • 1日1回、少量から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。
    • 初めての服用は、当院で医師の監督のもと行い、2日目からは自宅で服用します。
  • 服用方法の例
    • 治療薬を舌の下に置き、お薬ごとに定められた時間、保持したあと飲み込みます。その後、5分間はうがい・飲食を控えます。スギ花粉が飛んでいない時期も含め、毎日服用します。
  • 服用時に避けること
    • 服用する前後2時間程度は、激しい運動・アルコール接種・入浴などは避けるようにしてください。
  • 効果を発現するメカニズム
    • 効果を発現するメカニズムは十分には解明されていません。舌の下から入った(スギ花粉)が体内で反応し、アレルギー反応を抑制する免疫反応がおこることで症状がおさえられると考えられています。

ダニによる通年性アレルギー性鼻炎

通年性アレルギー性鼻炎とは

通年性アレルギー性鼻炎とは、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー症状が、季節を問わずあらわれる疾患です。

通年性アレルギー性鼻炎の主な原因(アレルゲン)は、ダニ・真菌(カビ)・昆虫・ペットの毛などが知られています。

また、通年性アレルギー性鼻炎では、花粉症に比べて喘息やアトピー性皮膚炎を合併する割合が高く、鼻の症状だけでなく、目の痒みや涙目、喉や皮膚の症状をともなうことが多くあります。

アンケート調査の結果、日本人の23.4%の人が通年性アレルギー性鼻炎であることがわかりました。

さらに通年性アレルギー性鼻炎の辛い症状は、日常生活のさまざまな場面で影響を及ぼすことがわかっています。(勉強・仕事・家事の支障、精神集中不良、思考力の低下、読書の支障)

通年性アレルギー性鼻炎診断

通年性アレルギー性鼻炎は、問診と皮膚反応テストや血清抗体検査などの検査結果から総合的に診断します。検査では、鼻炎の原因(アレルゲン)が特定されます。

通年性アレルギー性鼻炎の治療

通年性アレルギー性鼻炎の治療は、アレルゲンを避けることが基本になりますが、必要に応じて薬物療法やアレルゲン免疫療法、手術療法などを行います。当院では、症状をおこす物質(ヒスタミンなど)の働きや鼻の炎症をおさえて、症状を和らげる薬物療法と、からだをアレルゲンに慣らして症状を和らげ、根本的な体質改善が期待できるアレルゲン免疫療法をおこなっています。

通年性アレルギー性鼻炎の舌下免疫療法

通年性アレルギー性鼻炎でダニアレルゲンが原因と確定診断された12歳以上の患者さんは、舌下免疫療法による治療をうけることができます。

  • 服用期間の例
    • 1日1回、少量から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。
    • 初めての服用は、当院で医師の監督のもと行い、2日目からは自宅で服用します。
  • 服用方法の例
    • 治療薬を舌の下に置き、お薬ごとに定められた時間、保持したあと飲み込みます。その後、5分間はうがい・飲食を控えます。スギ花粉が飛んでいない時期も含め、毎日服用します。
  • 服用時に避けること
    • 服用する前後2時間程度は、激しい運動・アルコール接種・入浴などは避けるようにしてください。
  • 効果を発現するメカニズム
    • 効果を発現するメカニズムは十分には解明されていません。舌の下から入ったダニアレルゲンが体内で反応し、アレルギー反応を抑制する免疫反応がおこることで症状がおさえられると考えられています。

アレルゲン免疫療法

アレルゲン免疫療法とは

アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、からだをアレルゲンに慣らし、症状を和らげ、根本的な体質改善が期待できる治療法です。原因となるアレルゲンを用いて行う治療法のため、原因となるアレルゲンを確定する確定診断が重要です。

  • アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。
  • アレルゲンを投与することから、局所や全身のアレルギー反応がおこるおそれがあり、まれに重篤な症状が発現するおそれがあります。
  • 治療は長期間(3〜5年)かかります。
  • すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。

わが国における舌下免疫療法では、スギ花粉症とダニアレルゲンによる通年性アレルギー性鼻炎が保険適応となっています。

期待できる効果

長期にわたり、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる効果が期待できます。症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

  • くしゃみ・鼻水・鼻づまりの改善
  • 涙目・目の痒みの改善
  • アレルギー治療薬の減量
  • QOL(生活の質)の改善

副作用

舌下免疫療法には、以下の副作用があらわれるおそれがあります。

  • 主な副作用
    • 口の中の浮腫、痒み、不快感、異常感
    • 咽喉(のど)の刺激感、不快感
    • 耳の痒み など
  • 重大な副作用
    • ショック
    • アナフィラキシー※

医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後多くの場合、30分以内で、蕁麻疹などの皮膚症状や、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然のショック症状(蒼白、意識の混濁など)がみられる

ページトップへ