内科・小児科・胃腸肛門科・リハビリテーション科 京都市右京区西大路四条上ル西院東淳和院町4

 
 

予防接種を受けることができない方

予防接種は健康な人が元気な時に接種を受け、その病原体の感染を予防するものですから、体調のよい時に受けるのが原則です。このため、次のような人は接種できないことがあります。

予防接種を受けることができない方

予防接種を受けることができない方
  1. 明らかに発熱のある人
    一般的に、熱のある人とは、接種会場で測定した体温が37.5℃以上の場合をさします。
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
    急性の病気で薬をのむ必要のあるような人は、その後の病気の変化もわかりませんので、その日は見合わせるのが原則です。
  3. その日に受ける予防接種によって、または予防接種に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こし たりしたことのある人
    アナフィラキシー」というのは通常接種後約30分以内におこるひどいアレルギー反応のことです。発汗、顔が急に腫れる、全身にひどいじんましんが出るほか、はきけ、嘔吐(おうと)、声が出にくい、息が苦しいなどの症状に続きショック状態になるようなはげしい全身反応のことです。
  4. その他、医師が不適当の状態と判断した場合
    上の1~3に入らなくても医師が不適当と判断した時は接種できません。

予防接種を受けるとき、お医者さんとよく相談しなくてはならない人

お医者さんとよく相談しなくてはならない人
  1. 心臓病、腎臓病、肝臓病や血液の病気などで治療を受けている人
  2. 発育が悪く医師の指導を継続して受けている人
  3. 未熟児で生まれて発育の悪い人
  4. カゼなどのひきはじめと思われる人。こういうときは体の状態がはっきりするまでなるべくやめておきましょう。
  5. 前に予防接種を受けたとき、2日以内に発熱、発しん、じんましんなどアレルギーを思わせる異常がみられた人
  6. 薬の投与を受けて皮膚に発しんが出たり、身体に異常をきたしたことのある人
  7. 今までに"けいれん"をおこしたことがある人
    けいれんのおこった年齢、そのとき熱があったか、熱がなかったか、その後おこっているか、受けるワクチンの種類はなにかなどで条件が異なります。必ずかかりつけの先生と事前によく相談しましょう。原因がはっきりしている場合には、一定期間たてば接種できます。
  8. 過去に中耳炎や肺炎などによくかかり、免疫状態を検査して異常を指摘されたことのある人
  9. ワクチンには抗原のほかに抗生物質、安定剤などが入っていますので、これらにアレルギーがあるといわれたことのある人
  10. 家族の中で、または遊び友達、クラスメートの間に麻しん(はしか)、風しん、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)などの病気が流行している時で、予防接種を受ける本人がその病気にかかっていない人

ページトップへ